検索
  • 渡邊 健太郎

「日々の目標設定」導入で学習計画の質と集中力を向上



こんにちは。学習塾ヘウレーカで数学と化学を指導している、渡邊健太郎です。


前回の記事では、記憶のメカニズムに基づいた学習による、定着させる学習方法の話をしました。加えて、一回の学習の質を高くすることが出来れば、学習効果は非常に高まります。そこで、今回からは「学習の質」を高める学習法を紹介していきたいと思います。


中でも今回は、少人数ながらも高い合格率を誇るヘウレーカで必ず取り組んでいる「日々の目標設定」が重要な理由をお話します。


「日々の目標設定」をテーマにした理由は3つあります。

① 目標設定が重要な理由まで説明をされたことがある人が少ない

② 「学習の質」の向上に直結

③ 成功体験が蓄積でき、モチベーション維持に貢献


そこで、目標設定の重要性が理解できていない人でも納得して頂き、今後の学習の参考になるように解説していきたいと思います。


限りある時間を有効活用するための目標設定

まず、目標設定が重要な理由について説明します。結論から言うと、時間的資源に限りがあるからです。このため、優先順位をつけずに取り組むと、本来自分の取り組むべきことに取り組めなくなるので、重要なものから取りかかる必要があります。


例えば、明日数学のテストがあるとしましょう。この時、今日の24時間全てを数学の勉強に費やすでしょうか。一般的にはこうはしません。睡眠・食事・学校・塾など、数学のテスト勉強以外にもすべきことは沢山あります。ですから、一日のなかでテスト勉強に費やせる時間を算出し、この時間内でテストでより良い点数を取るための「最適な学習」を行うはずです。


つまり、テスト勉強以外にもすべきことがたくさんあるからこそ、日々行う学習にも順位付けをし、重要なものから取り組む必要があるのです。一言でまとめるなら、「限られた時間で最高のパフォーマンスを発揮するため」と言えます。


上記の例では、一日が24時間しかないという意味での時間的資源が限られているという話でした。この時間的資源は、人間には寿命があるという事に拡張することができます。生きているうちに取り組みたいことや成し遂げたいことが山ほどあっても、一生のうちに取り組めるものには限界があるということです。だからこそ、我々は山ほどある選択肢から今日すべきことを戦略的に決めるべきで、そのための「日々の目標設定」なのです。


目標設定が学習計画の質の向上に直結

ここからは、日々の目標設定を取り入れることが、学習計画の質の向上にどのように繋がっていくのかを説明します。


まず、目標設定は学習計画の質を向上させる仕組みのファーストステップなのです。

なぜなら、学習計画の改善点は、設定した目標と実際の学習とのギャップから導き出されるからです。


例えば、英単語30分で50個を覚えると目標設定をしたとします。そして、実際に学習した内容と設定した目標を比較することで「30分で覚えられる英単語の個数は50個が最適だったのか?」の分析が可能になり、改善点を洗い出すことができます。ここで出てきた改善点を、次回の学習から対処することが「学習計画の質」の向上になります。


上記のようなサイクルを日々積み重ねることで、「学習計画の質」を日々改善します。

つまり、目標設定は「学習計画の質」を高めるためのファーストステップだと言えます。


成功体験の蓄積でモチベーション維持

最後に、日々の目標設定を導入することで、モチベーションの維持が可能になります。


特に受験までの時間がある低学年ほど、モチベーションの維持は難しい一方で、継続的な成長のためには必要不可欠です。

そこで、生徒が日々の学習での成功体験を蓄積することで、学習意欲を掻き立てる環境を作ることもまた、我々の役目であると考えています。


成功体験には様々な種類があります。最も分かりやすいものでは、学校の定期テストや模試の成績で目標を設定し、その達成状況を計測するものがありますが、これらは年に数回しかないものなので、これだけではモチベーションを維持することは困難なことがあります。


このような、年に数回のテストに固執する必要はなく、日常的に成功体験を積んだことを「実感」できる機会を作れば良いのです。例えば、英単語の覚え方で〇〇という工夫をして30分で50個覚える。といった目標設定をします。この目標に対する成果を測定するだけでも、成功体験を得ることは十分可能です。


上記のように、日々の学習に目標設定を導入することによる成功体験の蓄積は、モチベーションの維持に大いに役立ちます。加えて、日々の目標設定でより高い目標にチャレンジする習慣を身に着けられると、集中力が続くようになり、密度の濃い学習にも繋がります。


次回に向けて

ここまで、日々の目標設定が重要な理由とその効果についてお話ししてきました。ヘウレーカの生徒は、Gmap-cという目標設定を活用したツールを導入して、「学習の質」を日々追求しています。そこで次回からは、実際にGmap-cを例にとり、具体的に「学習の質」を高める取り組みをご紹介してきたいと思います。


渡邊健太郎     

30回の閲覧0件のコメント