検索
  • 渡邊 健太郎

自分に合った学習法を発見するための分析手法

更新日:2019年12月31日


こんにちは。学習塾ヘウレーカで数学と化学を指導している渡邊健太郎です。

ここまでは、Goal(目標設定)とMeasure(現状・成果の把握)の方法について話をしてきました。今回は、これらを活用して、学習における優れた点と課題を効果的に抽出する方法を話そうと思います。今回お話しする内容は、Gmap-cの「③Analyze:ギャップの分析・課題の抽出」に相当します。


ここでの分析方法とは、Measureの各項目に対して、「なぜそうなったのか?」を検討することです。そして、学習がうまくいった要因やうまくいかなかった原因を追求します。

※ヘウレーカの生徒は、一つの目安として、「なぜ?」を5回繰り返すようにしています。


「なぜ?」と考える事自体は、皆さんも日々取り組んでいると思いますが、ポイントを抑えながら分析できているでしょうか。日常的な行動は、無意識のうちにおざなりになりがちです。ポイントが掴めていなければ、効果的な分析をすることができず、良質な改善策を見出せません。そこで今回は、効果的な改善策を見出すための課題抽出のポイントについて話していこうと思います。まずは、GoalからAnalyzeまでの具体例を示します。

改善策を見出すためのAnalyzeのポイントは3つあります。

(A)GoalMeasureのギャップを分析

(B)具体性のある分析

(C)ギャップの分析だけでなく、上手くいった要因も分析


それでは、それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。


(A)GoalMeasureのギャップを分析

一つ目は、GoalMeasureのギャップを分析し、目標を達成できなかった原因を追求することです。上記の(1)の例では、単語の覚えた時間・個数や、単語のテストの正答率など、目標と成果の数値が異なっている点に着目して、これらの原因を追求しています。


(B)具体性のある分析

Analyze記入の際も、なるべく具体的である方が望ましいです。なぜなら、具体的であればあるほど、改善策として行動に落とし込みやすくなるからです。Analyze(1)英単語の例では、数値を用いる事で具体的な分析を可能にしています。この時に、数値を用いた分析ができる理由は、GoalMeasureの際に数値を用いているからです。つまり、GoalMeasureで数値を用いていると、具体的なギャップの分析がしやすくなると言えます。


一方で、注意しなければいけないのが、Measureの定性的な項目に対する分析です。なぜなら、定性的な項目は比較的抽象的なものが多いため、Analyzeも抽象的になりやすいからです。この時は、①Goalで説明したように、5W1Hや時間を用いて分析するように意識して頂くと、具体性を出すことができます。


(C)ギャップの分析だけでなく、上手くいった要因も分析

学習の改善と言うと、上手くいかなかったところ(目標と成果のギャップ)に目が行きがちですが、実は、学習で上手くいった要因の分析も非常に重要です。学習で上手くいった場合とは、GoalMeasureでギャップが生じていないような、目標通りの成果を達成した場合のことです。


この分析が重要な理由は、自分に合った学習法を次回以降の学習に積極的に取り入れるべきだからです。例えば、Analyzeの最後の項目のように、計算問題を継続して解き続けることでコツを掴むことができ、処理速度が上がったのであれば、別の単元で計算問題を扱う場合も、同様に学習をすることが良い可能性が高いです。このように、上手くいった要因の分析をすることで、自分に合った学習法を見つけることが出来るのです。



さて、ここまでの分析を通して、自分に合う学習法と合わない学習法の分析をすることが出来ました。この後は、分析を基に改善策・継続すべき学習法を、次の学習で実施するのみです。しかし、分析はしても実際に行動に移せる人が非常に少ないのです。そこで次回は、分析内容を行動に落とし込むための方法をお伝えしたいと思います。

渡邊健太郎

23回の閲覧0件のコメント