検索
  • 渡邊 健太郎

SMARTな目標設定~学習効率を向上するGmap-c~



前回は目標設定が重要な理由と効果についての話をしました。前回の記事を読んで頂いてお気づきの方もいらっしゃると思いますが、目標設定だけでは学習の質は向上しません。設定した目標と実際の学習内容とのギャップを分析し、分析内容を次の学習に反映させることが非常に重要です。


このため、ヘウレーカでは上記のサイクルを効果的に回すために、Gmap-cという手法を活用しています。そこで、今回からはこのGmap-cについての説明をしますので、学習法の改善に活用して頂ければと思います。


Gmap-cとは、Goal(目標設定)、Measure(成果の把握)、Analyze(課題の抽出)、Plan(対策・計画)それぞれの頭文字です。最後の c は、Control:律する、CycleGmapの手順を繰り返す、Continue:継続する、という3つの意味があります。


早速、Goal(目標設定)について話していきます。今回は、前回の記事の内容に加えて、皆さんが実際に行動に移せるように、具体的に説明をしていきます。


目標設定はSMARTに記入

効果的な目標設定を行うポイントは「SMART」に記入することです。SMARTとは以下の5つの単語の頭文字です。


Specific:具体的な

Measurable:計測できる

Achievable & Challenging:達成可能かつ挑戦的(適切な負荷をかける)

Reasonable:目的に対して合理的な

Time:時間


以下に具体例として、自習で英単語の暗記と連立方程式の学習に取り組む際の目標設定を示します。比較のため、「SMART」を反映した例としていない例を載せています。


それでは、SMARTの各項目について詳しくみていきましょう。

まずは、「Specific:具体的に、Measurable:計測できる」についてです。これらがもたらすメリットは次の通りです。


・アクションプランに落とし込む。

・学習後の目標が達成されたか否かを明確にする。


例で示したように、学習の目標が「連立方程式の解法2パターンを習得」だけではなく、「問題集の練習1120」といったアクションプランに落とし込むことができます。また、学習内容や問題集の問題番号を記入することで、目標が達成できたか否かを一目で判断できるようになり、後で成果を把握する際に非常に役立ちます。


Specific, Measurable を目標に反映させる際のポイントは、5W1HWho, What, When, Where, Why, How)を意識することです。もう少し具体的に言うと、テーマ・範囲・学習方法・正解率等が記入されているかを一つの指標としてみてください。


次に「Achievable & Challenging:達成可能かつ挑戦的(適切な負荷をかける)、Time:時間」です。これらのメリットは次の通りです。


・集中力を持続する環境構築

・自分の処理能力を把握・向上

・時間を区切って戦略的に活用する


明らかに達成できない目標や、達成することが容易な目標では、充実感を得ることが出来ず、モチベーションが低下してしまいます。そのため、集中力を保つためには、自身の処理能力を把握して、時間内に取り組めるギリギリの学習量を目標として設定する必要があります。そして、適切な負荷をかけることが処理能力の向上に繋がってきます。


ここでの処理能力とは、英単語50個覚えるために〇分要する、このレベルの問題であれば〇分で解ける、といったものです。この際、必然的に所要時間を記入する必要性が出てきたわけですが、時間の設定はなぜ重要なのでしょうか。それは、資源は適切な大きさに区切らないと上手に扱うことが出来ないからです。つまり、時間は戦略的に細かく区切って扱いやすくする必要があります。


例えば、先述の例では130分の学習時間が、連立方程式の演習に90分・英単語の暗記に30分・英単語のテストに10分、の3つに区切られています。一方で、「130分のうちに連立方程式を学んで単語を覚える」という目標を設定では、戦略的な時間配分でないため、チャレンジのできる目標設定になりません。さらに、適切な時間配分が出来ない可能性が高くなります。


ですから、時間は戦略的に区切って効果的に活用する必要があるのです。


最後に「Reasonable:目的に対して合理的な」についてです。


ここでの目的とは、皆さんが学習する目的のことです。本記事では「第1志望校合格」を目的とします。そして、目的の「第1志望校合格」から逆算した今日すべき学習内容が、合理的な目標設定と言えます。


と言っても、中学生の場合は大学受験が3年以上も先のことなので、イメージが湧きにくいと思います。その場合は、例えば、東大に合格した先輩が中学3年生だった時の成績を目的に置き換えてみてください。


具体的には、東大に合格した人が中学3年生の時に取った駿台模試の平均的な偏差値を目的とします。そして、その偏差値を取るために、出題範囲と難易度を考慮に入れて、今から3ヶ月、1ヶ月後、1週間後に到達すべき目標を立てます。そこからさらに逆算をして、今日すべき学習を設定するのです。


このようにして、目的に対して合理的な目標設定を行います。目的から逆算することで、目的に到達する可能性をより高めることが可能になります。



ここまで、具体的な目標設定の方法をお話ししてきました。学習開始前に「SMART」な目標設定をして、有限な時間を上手に使っていきましょう。


さて、次回はGmap-cのうちの「Measure:成果の把握」について話そうと思います。目標設定はやりっぱなしではなく、分析を重ねることで質を高めていきましょう。


渡邊健太郎

66回の閲覧0件のコメント